振袖を上品に着こなすポイント

成人式で着る振袖を選ぶポイント

成人式で着る振袖を選ぶポイント 一生に一度の成人式ですから、しっかりとポイントをおさえて振袖を選ぶことが重要です。
まず最も大切なのは色選びです。色によって印象は大きく変わるのでしっかりと考える必要があります。同じ赤でも鮮やかな赤、落ち着いた赤など様々にあるので、自分の持つイメージや自分に合うものをしっかりと意識しておく必要があります。
試着をさせてもらった際に写真などを撮らせてもらって家族や友人に見てもらい、意見をもらうことも良いです。
そして柄も様々にありますが、大きく分けて古典柄と現代的な柄に分けられるのでまずはどちらが好みか伝えると良いです。
また柄のサイズも振袖全面に大きく描かれているものや、一部分に描かれているものなどがあり、それによっても落ち着いたイメージか、派手なイメージか、などといったところが変わってくるので、気にできるとより想像通りの振袖に出会うことができます。
いきなりお店に行ってもなかなか選べないという人も多いので、パンフレットや雑誌で見ておくと事前にイメージをつくっておくことができ、選ぶのも比較的楽になります。
成人式が終わった時に後悔しないような振袖選びをするなら、好みのイメージをつくっておくことと、リサーチをしておくことが重要なポイントだといえます。

振袖を上品に着こなすためには

振袖は、未婚の女性が着ることができるとても優美な着物です。
振袖と一口に言っても、その色とデザインは豊富です。モダンな柄やシンプルな柄さらには豪華な柄などいろいろありますので、自分の好きな色やデザインを選ぶことができます。
しかし、どんなに素敵な柄や色を選んでも大切なのは上品に着こなすことです。
例えば、せっかくいい振袖を選んだとしても、あまりにも装飾品をたくさんつけすぎてしまうなら、着物が台無しになってしまいかねません。それで、装飾を施す際には、着物とのバランスをよく考えるようにしましょう。
さらに、上品に着こなすために大切なことは化粧や髪形に気を付けるということです。化粧や髪型があまりにも奇抜だったりするなら、やはりせっかくの着物が台無しになります。それで、限度をわきまえつつも、振り袖に合う化粧や髪形をするようにしましょう。
さらに大切なことは、振る舞いです。振袖を着ているときは、おしとやかにふるまいましょう。大股で早足で歩くのではなく、やや内またでゆっくりと歩きましょう。
そして、飲食をする際には口の中にかけ込むような食べ方をするのではなく、ゆっくりとそして少しずつ上品に食べるようにしましょう。

menu
「振袖 着付け」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/mfonml8a/public_html/gstockreport.com/index.html on line 75

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%8C%AF%E8%A2%96%E3%80%80%E7%9D%80%E4%BB%98%E3%81%91): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/mfonml8a/public_html/gstockreport.com/index.html on line 75