未婚女性が着る振袖の意味

未婚女性が着る振袖の意味

未婚女性が着る振袖の意味 長い袖の着物を振袖といい袖丈により種類が3種類にわけられています。
明治時代以降は未婚女性の第一礼装として着用しますが歴史は長く飛鳥時代頃に振袖の原型が誕生し江戸時代に現在の形に近くなりました。
袖を振る行為は最初は呪術的な意味があり長い袖を振りました。古来から振る事で神を呼び寄せたり厄を祓う事ができると考えられていたからです。神に仕える女性が長い袖や布をふり魂振りという儀式をしていたことに由来します。
その後魂振りは神に対してだけでなく人に対しても行われるようになりました。
意中の人を振り向かせたり祈願したりする時に行われるようになり万葉集などにも愛する人に向けて袖を振る歌が多く残っています。
振るのは厄払いや神のご加護で安全を願う意味もあり日常的に手を振る行為もこのような事に由来しています。良縁を願い袖を振るようになりその効果が高まるように袖丈が次第に長くなりました。
結婚後は袖を振る必要がなくなるので袖丈を短くして着用します。

振袖と浴衣の違いは?

振袖と浴衣の大きな違いは、下に長襦袢を着るか着ないかです。男物もそうです。他に、袖の長さや着て行ける範囲、素材の違いがあります。
振袖はもともと未成年が着るもので、男女関係なく着られていました。今は未婚女性の第一礼装になっています。袖の長さは110-120センチと普通の着物より長くなります。
結婚式や披露宴など格式の高い場に着て行けます。素材が上等で、柄が華やかなものが多いのが特徴です。
素材を変えて春秋夏冬と年中着られますが、夏用礼装を作る方はまれなので、袷のまま着られる方も多いようです。 浴衣は本来、湯上りに着たり寝間着として使われていました。洋服でいえばジャージになります。袖の長さは48-49センチと普通の着物と同じ長さになります。
もともと部屋着なので、格式の高い場には着て行けません。素材は木綿が一般的です。素肌に接するので、汗を吸いやすい素材が選ばれるのでしょう。
着られるのは、6月から9月までの期間限定です。

menu
「浴衣」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/mfonml8a/public_html/gstockreport.com/imi.html on line 77

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%B5%B4%E8%A1%A3): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/mfonml8a/public_html/gstockreport.com/imi.html on line 77