振袖を着て二次会に行く場合

振袖を着て二次会に行く場合

振袖を着て二次会に行く場合 二十歳を祝う成人式は、若者たちの楽しみです。男性であれば普段着ないようなスーツや袴を着ることができますし、女性であれば美しい振袖を着ることができます。
さらに、成人式では就職したり進学したりして離れ離れになった友人たちと再会できるとても楽しいひと時です。それで、成人式の後に、のまま二次会を計画している若者も多くいます。
では、その際にどんなことに気を付けるべきでしょうか。
それはやはり、振袖を汚さないように十分注意するということです。汚してしまうと家で汚れを落とすことはむつかしいからです。専門店で染み抜きやクリーニングが必要です。
染み抜きやクリーニングはとても費用がかかってしまいますし時間も必要です。レンタルした振袖であれば,別途料金が必要になってしまうことがありますので気を十分気を付けましょう。
それで振袖で二次会に行くときには、汚さないように飲食の際には大きめのハンカチで覆うようにしましょう。

振袖姿でも可能なイヤリング

振袖姿になった時に、アクセサリーを付けていいのかどうか悩んでしまうものですが、基本的には、振袖なので控えるのが普通です。
特に、公式の場に出席する場合なら、イヤリングなどはつけないようにするのが無難です。絶対いけないわけではありませんが、マナーとしてはつけない方が安心でしょう。
しかし、公式の場ではない場合なら、イヤリングでも小ぶりなもので揺れ動かないタイプであれば、付けても構いません。目立ちすぎない小ぶりなサイズであれば、安心です。
揺れ動くタイプであれば、どうしても目立ってしまうので、人から見た時の印象も損なう懸念があるからです。
振袖姿でも可能なイヤリングを選んでおいて、付けるようにすれば安心ですし、人にも不快な印象を与える可能性もなくなるので心配なくつけることが出来ます。
カラーもあまり奇抜なものを選ばないようにすれば、なお安心して付けられるので、イヤリングを付けたい時には、そういった配慮をして選びましょう。