振袖と留袖の違いについて

振袖と留袖の違いについて

振袖と留袖の違いについて 振袖は、文字通り袖が振れるほどに長く、鮮やかに染め上げられた着物です。未婚女性の礼装として用いられます。
一方、留袖は、これも文字通り袖を縫い留めて短くした着物であり、既婚女性が礼装として着用します。
基本的には黒で染め上げられますが、「色留袖」という黒以外の色で染めたものもあります。
つまり、この2種類の着物は、いずれも、女性にとっては格の高い礼装にあたり、成人式や結婚式などの儀礼の場で着用されますが、袖の長さと着用している人が結婚しているかどうかという2点において明確な違いがあり、着用の際には、その点に注意する必要があります。
なお、未婚女性であれば、高齢であっても振袖を着ても問題はありませんが、これについては世間体のようなものもあり、前述の「色留袖」を代わりに着用するという例が多くみられます。
また、未婚女性が結婚すると、自分の振袖の袖を縫い止めて留袖にするため、実際には、この2種類の礼装のベース自体は、同じものであることが多いと言われています。

振袖用の肌着、長襦袢ってどういうもの?

普段、洋服を着るときに下にシャツを着るように、振袖を着るときにももちろん肌着が必要です。それが長襦袢です。
日常生活では聞きなれない名前のものですが、振袖を着る際にはなくてはならないものなのです。さて、それはいったいどういうものなのでしょう?
長襦袢とは、肌襦袢(直接肌に触れる肌着)と着物の間に着るもので、形状は着物に似ています。襟の形により関西仕立てと関東仕立てと少々の違いはありますが、基本の形に変わりはありません。
素材は主に木綿やウールや絹など。夏には麻が用いられます。着用の際には、あらかじめ襟ぐりの部分に半襟(襦袢に縫い付ける替え衿のこと)を縫い付けておきます。その半襟は色を変えることもできます。着物を着たときに襟元から少し見えるように着るものなので、おしゃれポイントにもなります。
スーツを着たときに中に着るワイシャツなどと同じ扱いと思えば良いです。
また、振袖を着るときようの長襦袢もあります。こちらは他の襦袢とは違い、袂(たもと・袖の下の方)に長さと丸みがあります。
用途に応じた使い分けをして、素敵に着こなしてくださいね。

menu
「留袖」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/mfonml8a/public_html/gstockreport.com/tigai.html on line 76

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%95%99%E8%A2%96): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/mfonml8a/public_html/gstockreport.com/tigai.html on line 76